RSS | ATOM | SEARCH
tri tonica北海道ツアー初日
tri tonica北海道ツアー初日が終了しました。

この日は私のワガママで、会場入り前にカフェふらっとへ寄り道しました。
なんとこのタイミングで中野潤さんのギターがふらっとに委託してあるというのですから、居ても立っても居られません。

素晴らしいギターを堪能し、浮き浮きした状態(私だけ)で、この日の会場「のや」に入りました。

初めて訪れる場所でしたが、本当に素晴らしい空間でした。
壁も床も石づくりで、ナチュラルな響きと雰囲気抜群の薄暗さ。リハから嬉しくなってしまいました。

初日、良いステージだったと思います。 「さくらが咲いたら」「雨上がりの空」「天の子守歌」次作に収録されるであろう曲たちも、合わせて演奏しました。
田野崎さんの豊かな中域がよく伸びます!本人も気持ち良さそうです。

1月のツアーからプログラムに入れた「紅さん無伴奏」コーナー。
今日はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番より、プレリュード〜アルマンドを演奏しました。
滞在先のリハでは第1番をプレリュード〜ジーグまで全部通して弾いてました。今後も少しずつステージに上げていく通して思いますのでお楽しみに!

トリオ、それぞれのソロ、それぞれのデュオ、編成が変われば世界観も変わります。その移ろいがリアルに楽しめる、そんな楽しみも加わってきました。

今日はムジカ・ホール・カフェです。
たくさんのご予約をいただいておりますが、飛び込み参加もお待ちしております!

2月25日(土)
【tri tonica トライトニカ】Album『alba』発売記念ツアー part4】
札幌 musica hall cafe
【場所】北海道札幌市中央区南3条西6−10−3 長栄ビル3F
【電話】011−261−1787
【チャージ】¥3000(1ドリンク付き)
【開場】17:30
【開演】18:00





author:伊藤賢一, category:ライブ/コンサート, 09:36
comments(0), trackbacks(0), - -
June Tabor

 

最も好きなヴォーカリストの一人、ジューン・テイバー。

ギターやバンドをバックにしても抜群だが、このアルバムはピアノとの世界。

静かでいて、彼女らしいフックのある音楽。

 

来日してほしいが、来ないならこちらから見に行きたい。

author:伊藤賢一, category:CD(洋楽), 22:31
comments(0), trackbacks(0), - -
M.J.フランクスで録音
新しいギター、M.J.フランクスで録音してきた。

2016年製。
まだまだこれから変化していく楽器だが、アルバムにも一曲このギターで録音してみることにした。

マイクはいつものDPA4006aのペア。
まずいつものセッティングで録ってみたところ、高音の押しが足りない。
微妙にマイクの位置どりを変えながら、良いポイントを探っていく。私の音をよく知るエンジニアの林さんとギター製作家の大屋建さんとインプレッションを擦り合わせしながら、数センチ単位で「録っては確認し」を繰り返す。


30分ほどかかったが、フランクスの特長である中域のポイントがしっかり出て、高音も立つポイントを探すことができた。
そうなると低音が若干足りない。新しいギターだと、このあたりが難しいところだ。まだ全域で開いている状態には至ってないという事だろう。
低音は弾き方でカバーすることにした。


結果的に、音質も演奏も絶妙なバランスのテイクが録れた。
色々とチャレンジングなセッションだったが、その時にしかない空気を捕まえられるのがレコーディングの快感といえる。
特にソロ演奏では尚更だろう。



今回のアルバムでは、メインの大屋ギター(6曲)、ハウザー(2曲)、フランクス(1曲)、今は手放したヴィンテージのD-18(1曲)の4本を使用した。

それぞれの個性を自分の言葉として形にすることが出来、とても良かったと思う。
author:伊藤賢一, category:ギター, 13:29
comments(0), trackbacks(0), - -
曲が出揃った

6枚目となるソロアルバムの曲がようやく出揃いました。

長かった・・・

 

この後ミックスが控えてますし、ジャケット関係も手付かず。

先は長いですが、とりあえず今日は喜びたいと思います。

 

 

 

 

 

author:伊藤賢一, category:音楽, 08:34
comments(0), trackbacks(0), - -
tri tonica 北海道へ

tri tonica(田野崎文vo、三好紅va、伊藤賢一gt)は、昨秋アルバム『alba』をリリースしてから各地でツアーを重ねて参りました。

いよいよこの月末、満を持して北海道でお披露目します!


3会場ともとても素敵な場所で演奏できること、嬉しく思います。

北海道の皆様、ぜひ会場へ足をお運びくださいませ!





◾︎2017.2.24 fri
苗穂 レストラン のや
open 18:30 start 19:00
¥3,000 + drink
のや↓
北海道札幌市中央区北二条東11-23-14
tel:011-210-5105





◾︎2017.2.25 sat
musica hall café
open 17:30 start 18:00
¥3,000 1drink付
musica hall café↓
北海道札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル 3F
tel:011-261-1787
http://www.musica-hall-cafe.com/





◾︎2017.2.26 sun
此方 (コチ)
open 14:00 start 14:30
¥2,500
▪︎お茶のご用意がございます。
(別料金でdrinkorder可)
此方(コチ)↓
勇払郡厚真町豊沢240-80
tel: 0145-29-7920
https://www.facebook.com/koti.jikaseikoubo/?__mref=message





*ご予約 お問い合わせ
各店舗 またはtri tonicaへ↓
tritonica435@gmail.com(tri tonica)
info@kenichi-ito.com(伊藤賢一)

author:伊藤賢一, category:ライブ/コンサート, 21:26
comments(0), trackbacks(0), - -
『独演 ソロ・ギター講義録』Amazonで現在1位

 

2/13発売となる、リットーミュージック刊『独演 ソロ・ギター講義録』が現在Amazonで予約1位だそうです。

こちら→『独演 ソロ・ギター講義録』

 

私も『クラシック・スタイルに学ぶ アコギの弾き方/鳴らし方』を担当しております。

興味のある方は、ぜひご注文くださいませ。

 

ご注文はこちらより→『独演 ソロ・ギター講義録』

author:伊藤賢一, category:レッスン, 22:35
comments(0), trackbacks(0), - -
Nic Jonesの夜

メンテ前に比べ、小音量でも聴きやすくなったかも。

何聴いても楽しい。

 

ニック・ジョーンズの1stでふける夜。

この「パトリック・スペンス」には衝撃を受けたなあ。

author:伊藤賢一, category:CD(洋楽), 00:02
comments(0), trackbacks(0), - -
格安SIM
15年に渡りauユーザーでしたが、今回格安SIMに乗り換えました。

どこに乗り換えるのかかなり悩み検討しましたが、最終的にauからの互換性を考え、UQモバイルを選択しました。

SIMフリーにしてdocomo回線に乗り換える事ももちろん考えましたが、それだと使用感の違いが「回線が変わった」事から生じるのか「キャリアから格安SIMに乗り換えた」事で生じるのか判断が難しいのではと想像しました。
同じau回線の格安SIMに乗り換える事で「今までとあまり速度変わらないのに安くなった」と純粋に実感したかったのです。


格安SIMを選択するということは、スマートフォンの使い方を見直すことに繋がります。
UQモバイルだけでなく格安SIMのサービスでは「高速回線モード」と「節約モード」と切り替える事ができるのが最も大きなポイントだと思います。

テキストの記事を読むだけならば、ほぼ「節約モード」で事足ります。SNSでやり取りする時も「節約モード」で不足ありません。
「節約モード」にしている以上は、パケットが減ることはほぼ無いので(節約モード中にパケットが減ったのを見た事がない)、通常は「節約モード」にしておくのが良いでしょう。もちろんWi-Fi環境ではWi-Fiに繋ぎます。

Wi-Fi環境の無いところでどうしても何か見なければいけない時は「高速モード」に切り替えます。UQモバイルはこの高速モードが実に速いです。
勿論例外はあるでしょうが、地下鉄だろうと郊外だろうと、動作はキャリアのモバイルデータ通信と全く変わりません。

とはいえ、電話は純粋に使った分だけ料金加算されますし(30秒20円)、パケット上限は3G(次月へ繰り越しあり)。
うまく運用していざという時のためにパケットを貯めておこうと思います。


とにかく、使わない分は節約できて使った分だけかかる。という状態は思いのほか気分が良いものです。

キャリアのような「使い放題感」が必要な人には全くおすすめしませんが、やりくりする事で毎月の料金が1/3になるのですから、私にとっては良い選択だったと思います。
author:伊藤賢一, category:生活, 09:32
comments(0), trackbacks(0), - -
The Hermit

2015年に急逝したジョン・レンボーン。

その翌年に「鐵面の騎士」「レディ・アンド・ザ・ユニコーン」「ハーミット」の3枚がリマスターされた。

 

写真左:2005年リマスター盤

写真右:2016年リマスター盤

 

聴きやすいリマスターですね。

もう少し暴れても良いかなと思える。

 

嬉しいことに今回はボーナストラックが無いので、こちらをメインで聴くことになりそうです。

author:伊藤賢一, category:CD(洋楽), 23:21
comments(0), trackbacks(0), - -
ベト7

初めて好きになったベートーヴェンの交響曲は7番。

今好きなのはこのライブ盤。

ベルリン・フィル100周年の時のエロイカといい、カラヤンのライブめちゃくちゃいいですよ。

食わず嫌いは良くない。

author:伊藤賢一, category:CD(クラシック), 14:32
comments(0), trackbacks(0), - -