RSS | ATOM | SEARCH
tri tonica 札幌時計台ホール
4/6は札幌時計台ホールにて、tri tonicaでした。

普段はライブハウスや小スペースでの演奏が主な私たち。
時計台ホールのような大きめの空間では2回目となります。大きめとはいえ、生の音も充分客席に届く広さ。アコースティック楽器には理想的なホールといえます。


前日の田野崎家でのリハで流れをしっかりと練りこんだのもあり、当日は本当にスムーズに進行しました。あっという間に終わってしまった気がします。

何より会場の響きが素晴らしい。
ギターやヴィオラはもちろん、田野崎さんの声も言葉も、良いホールでより生きてくると実感しました。


紅さんのヴィオラでの無伴奏バッハ。
マイクを外して演奏しましたがやはり最高に馴染んでました。やはりクラシック楽器は、こういう天井の高い空間で鳴らすための構造なのかもしれません。
私のギターソロはマイク集音でしたが、これもまた滋味のある世界が広がっていきました。



会場にアンケートをお配りしたのですが、皆様本当にあたたかい感想をくださりました。たくさんの御来場、ありがとうございました。これからも頑張って参ります。

すっかり時計台ホールのファンです。
またいつか弾きに来たいです。
author:伊藤賢一, category:ライブ/コンサート, 09:50
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kenichi-ito.com/trackback/343