RSS | ATOM | SEARCH
オプティマ No.6 SPECIAL SILVER/CLEAR NYLON(MEDIUM)

 

新しい弦を張ってみました。

オプティマ No.6 スペシャルシルバーとクリアナイロンのミディアムです。

 

結論から言うと、非常に良い弦です。

ピッチも正確だし精度の高さを感じます。

 

20年来愛用している「オーガスティン赤の低音/プロアルテ・ノーマルの高音」に比べると、ほんの少し張りが強く、音色変化のスピードはわずかに遅いです。しかし、響きのまとまりを感じさせる力はこのセットに軍配が上がるでしょう。

低音はオーガスティンが開放的なのに比べるとおとなしいですが、このバウンド感のある弾き心地はかなり気持ちが良いです。

高音はさらに特徴的です。

今までプロアルテはかなりフラットな弦だと感じていましたが、このオプティマのクリアナイロンと比べるとプロアルテが色彩的に感じます。それほどフラットでノーマルな音。

良いタッチで弾弦できた時は、丸みと伸びが同居した素晴らしいトーンが飛び出します。

それと同時に、爪の状態にはかなり厳しいですね。良い音が出るポイントが若干狭いので賛否別れるでしょうが、私は断然好きなタイプです。

 

ただし私はスティール弦も弾くので、私がオプティマで良い音が得られるポイント(爪の長さやタッチ)がスティール弦と同居できなくなる可能性はあります。

まさにその点で、今までの「オーガスティン赤の低音/プロアルテ・ノーマルの高音」のセットは最高だったわけですが・・・

 

 

そういった個人的事情を抜きにすれば、掛け値なしに素晴らしい弦であることに変わりはありません。

今後オプティマがメインとなるか、はたまた今までのセットに戻るか、楽しみながら悩みたいと思います。

 

良い出会いに感謝です!

 

 

author:伊藤賢一, category:ギター, 22:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kenichi-ito.com/trackback/337