RSS | ATOM | SEARCH
マイク大集合(2)マイク編

いよいよマイクのテストに入ります。

マイクホルダー右側にDPA 4006A(レコーディングでのメインマイク)を設置し、左側を入れ替えてテストしてみようと思います。

 

 

「これはでかい・・」

 

まずSE GEMINI (ジェミニ2)です。

その威圧感に、ギター製作家の大屋建さんも思わず笑顔のこのマイク。SEマイクのフラッグシップと言えるでしょう。

隣にあるDPA 4006Aが実にかわいく映ります。

真空管マイクなので電源ユニットも付いてますが、とにかく一式がデカく重い・・セッティングするだけで大仕事です。

肝心の音は、外観とまったく同じ印象でドシーン・・・としたもの。

基音が余韻がどうとか繊細な事を、すべて駆逐してしまう独特の世界観です。

これだけ個性があるとメインパートの録音には使いにくいと思いますが、林さん曰く、メインでないコーラスにこういった音像が欲しい場面もけっこうあるそうです。

私も自分の録音には(当然ライブにも)使わないなあと思いつつも、この世界観には魅力を大いに感じます。

一度これで何かを作ってみたい、そんな気にさせるマイクです。

 

 

続いて同じくSE 2200aです。

これはなかなか良いでないですか!全体の厚みもああり、低音から高音がスムースです。

ジェミニと比べると小さく見えてしまうから恐ろしい。ライブ用にはこれでも大きすぎますね。

音もジェミニよりも格段に使いやすい。これで単一指向性のみのモデルだと3万。これは1本持っておく価値は大いにありそうなマイクです。

しかしDPA 4006Aと比べてしまうと「自然さ」の質がかなり下がってしまうかなあ・・・

 

 

SE 4400aです。

今回はライブ用機材のテストという名目なので、サイズ的にもこの機種が注目株でした。

さすがに取り回しもしやすいし、工夫すればサスペンション装着したまま折りたためて保管できそうなのも良いです。

加えて、モード切替も「単一指向性」「超単一指向性」「無指向」「双指向」とでき、かなりのユーティリティ。この機能で5万円を下回るコストパフォーマンスも素晴らしい。

肝心の音は・・・良い音には間違いありませんが、欲しい世界ではありませんでした。

中域が締まっていますが、高低の抜けという点では少し物足りない。その点は2200aの方が好印象でした。

まあこれは、あくまで自分のプレイとは合わないという事ですね。善悪ではありません。

 

 

Soundelux U195です。

今回のテストで初めて知ったマイクでしたが、正直「こんな良いマイクが出ていたのか!」と驚きました。

ノイマンのヴィンテージU87とU89iをモデルに作られたマイクだそうです。

音は、密度がしっかり詰まった世界で、それでいて各帯域が実になめらかに繋がります。

まずスティール弦ギターの低音弦。弾く瞬間のメタリックな音と、直後のふくよかな伸びが気持ちよく同期している。

高音ではタッチの質によって変わる余韻の味わいが素直に爽やかに表現されます。

そして曲を録ると全ての音が調和してくれる感覚があります。いや、これは素晴らしいです。

比較するとレコーディングでのメインマイクDPA 4006Aは、驚くほど透明である事がわかります。4006で録るといつも感じるのは「音の奥にある佇まいまで録れる」という事。このU195はそういった佇まいの再現性というよりも、やはり「音楽を録ろう」というマイクなのだと思います。このニュアンスの違いは、自分にとってはけっこう大事です。

レベルの高い製品同士の比較は、本当に興味深いですね。

 

 

Neumann U87aiです。

というわけで本家ノイマンも出してみようということになりました。

さすがの音で安心しますね。こうして比較すると、Soundelux U195よりもハッキリ性格を持ったマイクであることがわかります。

ナチュラルである事は間違いありませんが、高域の伸びと低域の懐の深さなど、このマイク特有の音は確かにあると再確認しました。

 

 

Neumann KM184です。

写真でもわかるように、DPA 4006Aより小さいです。

これはまた素晴らしい音でした。

ナチュラルでいながら、この厚みのある中域はノイマンらしさ全開という感じ。

加えて184は高域がほんの少し持ち上がっているのが大きな特徴で、私の弾くギターには非常に合ってました。

単一指向性でいながら、指向性が若干ワイドとの事。これも自分向きだと思いました。

何よりこの取り回しの良さ!ライブ用として持ち歩く事を考えると、これは大きなポイントです。

サイズからは想像できない、太く立派な音という印象。さすがノイマン、感服いたしました。

 

 

AKG C451Bです。

現在私のライブでメイン使用している機種です。

やはり使いやすいマイクですね。同じペンタイプのNeumann KM184と比べると、バッサリ中域が抜けて高域にシフトしています。

しかし「痛くない」音。更に低音も高音もよく歌います。よく考えると不思議です。

コンソールルームのモニターでシビアに聴いても、実によくできたマイクだと再認識しました。

最近価格が下がってきたこともあり、この451をもう1本導入するというのも大いにアリだと感じました。

 

 

以上7本でした。

実に興味深いテストとなりましたね。
今回のMVPは、Soundelux U195ですね。
この質感の高さには本当に驚きました。本家ノイマンよりも安価なので、要チェックだと思います。
テストの本来の目的である「ライブ用マイク」としては、Neumann KM184でしょう。
ノイマンらしい厚くしかも爽やかな音像。メロディへの焦点の合い方、和音の存在感、文句なしです。
もちろんライブのみならずレコーディングでも大活躍しそうです。
こうした場で、レコーディング・エンジニアの林さんと、ギター製作家の大屋さんと、3人で感想を述べ合うのは心から楽しい時間です。
同じ、「音そのものを扱う」専門家でありながら、それぞれの業種が3者3様という関係。
考えてみるとなかなか珍しいトリオですね。
あー楽しかった。
(番外編へつづく)
author:伊藤賢一, category:機材, 13:09
comments(0), trackbacks(0), - -
マイク大集合(1)マイクプリ編

長野県伊那市のRED IGUANA STUDIOにて、私のライブ用機材をいろいろと比較検討しようという楽しい合宿をしてきました。

ライブの基本形態は「私の弾くギターをマイクで集音する」これだけです。

しかしこれが奥が深く、機材の選定やアンプ〜スピーカーの会場毎のバラつきなど、シンプルな形態ゆえの問題点が浮かび上がってきます。

 

 

導入の優先順位としては、まずマイクです。

現在ライブで使用しているAKG C-451Bも非常に使いやすいのですが、そろそろ次のチョイスとなるものをチェックしておかないといけません。

そして、ライブでも持ち歩けそうなマイクプリアンプも、一応検討します。

しかしマイクプリに関してはそこまで導入を考えているわけではなく、あくまで現在の機材の実力と手触りを知っておく目的です。

 

というわけで、マイクは現在レコーディングでのメインマイクDPA4006を含め8本。

マイクプリはレコーディングでのメイン機オーロラオーディオGTQ-2を含めて3台を比較検討していきます。

まずはマイクプリから。

 

 

 

上:Triton Audioの1chマイクプリ「D20」

下:Rupert Neve Designsのマイクプリ/コンプレッサー「Portico 5015」

 

そして、レコーディングのメインで使用しているAurora Audioの「GTQ2」

比較対象がGTQ2と言うのはかなり酷ですが、いつも使っている機材との比較は特徴を見極める際に大いに役立ちます。

 

価格は「D20」がおよそ10万円。「Portico 5015」がおよそ21万円。「GTQ2」がおよそ42万円です。ちなみにGTQは2ch仕様です。

 

 

【D20】

D20はFETモードとTUBEモードの切り替えが出来るのが最大の特徴といえます。

しかし、TUBEモードの暴れ気味で倍音過多な音は、ちょっと使えそうにないかなと感じました。
比べるとFETモードは、非常に素直で好感が持てます。スッと焦点が定まるような音像でした。
GTQと比べるとさすがに空気感が減りますが、それでも清涼感は失われずに主張していると思いました。
取り回ししやすいサイズはライブ使用にもいけると思いますし、何より宅録で威力を存分に発揮しそうです。
10万円と思えば、ここまでの質感のものは無いかもとおもうほど優秀なマイクプリでした。
【Portico 5015】
良いマイクプリです。
厚みがあり、押し出しも良く、なんというか、音がかっこよくなります。
単音メロディのキレと和音の余韻がうまく混ざり合う感じが気持ち良いですね。
10万円と21万円。
D20とは、はっきりと「価格差」というものを見せられた感があります。
実音の密度や倍音の表現が違うと、出てくる音楽の充実に繋がりますね。
GTQと比較しても、さすがにニーヴ直系ということで地続き感がありました。
コンプレッサーは自分はあまり必要ないので、マイクプリ部のみの設計でもう少し小さく安くなったら欲しい気がします。
話はそれますが、ギターなど楽器の世界では、意外と「音」そのものには値段が付けられないものです。
コンディションであったり、材の種類であったり、歴史的な背景であったり・・・
もちろんレコーディング機材の世界でもそういった側面はあるにせよ、それでも価格差と音は素直にリンクすることが多いと感じます。
結論として、今回はどちらのプリアンプも導入は見送りそうです。
タイトな移動続きのツアーなどでは、やはり取り回しの良さが必要です。
基本たった一人でギター2台とマイクとCDを持ち歩き、そこに加えてのプリアンプとなると、やはり電源周り含めて厳しいかなと。
そういった条件をふっとばすほどの魅力を、今回は感じなかったとも言えます。
しかし、(多くのギタリストがするように)宅録をやる場合においては実に重宝すると思いました。
自宅に常設するとしたら、コンプの付いたPortico 5015は実に使い勝手がよく、何より音の質感が素晴らしいので、良いチョイスだと思います。
もちろんD20の素直な音像はエフェクトをかける際にも有効でしょうし、何より価格が魅力的です。
楽しいテストとなりました。
(マイク編につづく)

 

 

author:伊藤賢一, category:機材, 22:01
comments(0), trackbacks(0), - -
ビデオカメラ購入!

ついにビデオカメラ購入。

実はここ最近、『音質重視のお手頃なビデオカメラ』を夜な夜な検討していました。zoomのQ4,Q8,H2n、ソニーのHDR-MV1など・・・

しかし、そういったモデルはどうしても近くで音を拾えるようにカメラの焦点距離を近めにしているので、中心から少しはずれたものはかなりゆがんで映ります。ソロ・ギターを撮る際に構えたギターでさえもゆがんでしまいます。自分の姿はどうでも良いですがギターの形がゆがむのはよろしくありません。

いろいろと検討した結果、SonyのHDR-CX675を導入しました。

貯め込んだビックカメラのポイントと、タイムセールに便乗してかなりお買い得でした。

当たり前ですがiPhoneより画像がいい!さすがそこは専用機です。
そして音も悪くない!iPhoneだと録りきれなかった高音が、はるかに録れています。
音の立体感をしっかり再現できる妥協ポイントを探して、一応納得できるポイントを掴みました。

それがこちら
大屋ギターの場合は、マイクからギターの表面板の距離は90cmです。マイクモードは、ステレオモード。
もう一本のメイン、ハウザーでは同じく97cmに落ち着きました。

この機種で素晴らしいのは、wi-fi飛ばしてスマートフォンで遠隔操作ができることです。

手元に置いて録画のON/OFF、ズームの加減を操作できます。

別売りの有線(80cm)リモコンよりも段違いに自由度が高いと思います。


この動画は最初も最後もトリミングしてません。iPhoneでの録画では「録画ボタンを押すために腕を伸ばした姿」が最初に映るのが面倒でしたが、当然ながらそれも無くかなりスマートになりました。

最後のスイッチを押す姿は今後切っても良いと思います。

皆さんがやっておられるレコーダーと同録して映像と合わせるという仕事はなるべくしたくなく・・
基本的に今後はこのカメラだけでダイレクトに撮っていこうと思います。

author:伊藤賢一, category:機材, 22:40
comments(0), trackbacks(0), - -
音叉

音叉です。
左からKC、ウィットナー、NIPPON-ONSA(ニチオン)。

価格は、およそ¥500、¥800、¥5000。

 

 

A=440が出ればどれも同じかと思いきや、やはり「出音」には違いがあります。

 

KCが悪いというわけではなく、他と比較せずKCだけを使っていれば問題なく使用できます。耐久性も問題ありません(このKCは20年前のものです)。

 

 

ウィットナーの特長は、まず軽さ。これはKCと比較するとはっきり「軽いな」と感じます。使い込む人にはこれは大きなメリットだと思います。そして鳴らしたときの音の芯の外側の決まり具合が気持ちいいですね。
ウィットナーと比べてしまうとKCは少しだけ音が波打つような感じがします。ほんの少しですが。

 

 

そして価格的に高価なニチオンは、まず重い笑。しかし持った時の質感が良いので全くイヤな感じがしません。良い道具特有の匂いが指から伝わってきます。
鳴らしてみると、音の芯にかなり密度が感じられます。芯の外側がブレない感触はウィットナー同様ですが、出音自体の質が高い。

 

 

私が普段持ち歩いているのはニチオンですが、ウィットナーの軽い使い心地も魅力的です。あらためてその良さを感じました。ウィットナーの角型タイプもいつか試してみたいですね。

次回以降の現場では、その日の気分によってニチオンかウィットナーのどちらかが出動することになるでしょう。

author:伊藤賢一, category:機材, 20:49
comments(0), trackbacks(0), - -
ダイナミック・マイクのテスト

関西ツアー帰りの7/4。ソロアルバムのレコーディングのために伊那にやって来ました。

大屋建さんのお宅に一泊お世話になります。

乾杯して美味しいごはんを食べながら、ツアーのよもやま話で大いに盛り上がりました。

その後もうひとつの目的でもある、ダイナミック・マイクのテストに突入。

 

SHUREの58、SHUREの57、SHUREのBeta57の3種をシビアに比較します。

このようなシチュエーションでこの定番3機種というのも逆に相当渋いですが…

ジャックの入れ替えのタイムラグがあるとリアルタイムに比較できないので、卓を準備してそれぞれのチャンネルを確保します。

集音ポイントもなるべく同様になるように、ギター構え位置を微妙にずらしながらテストする動きはかなり怪しい!

 

非常に現実的で為になるテストでした。
何を選択してどのように使えば良いのか整理する事ができました。

定番ダイナミック・マイクを、今の耳であらためてテストするというのは貴重な体験でしたねー。

 

 

・・・と、これだけでは話は終わらず

 

翌日RED IGUANA STUDIOに移動しレコーディングを済ませた後、昨日の続きに突入!

昨日よりもさらにシビアな環境でテストできます。

SHURE58と57。

 

Beta57とSENNHEISER421。

 

さらにリボンマイクのRoyer R122まで!

 

 

結果として、昨日得た印象を裏付ける結果となりました。
ソロ演奏でのギターの場合、コンデンサー・マイクの使用が主となるため、ダイナミック・マイクでこういうテストする機会はなかなか無いと思います。色々と目から鱗でした!

 

特に超定番の58と57の音像比較は本当に勉強になりました。

私の経験上SHURE58でのライブで悪い印象を持った事があまりなく(今年の札幌でも経験しました)、それが何故なのかもよく理解できました。

 

私だけでなく「アコースティック・ギターにはSHURE58よりも57だよね」という観念を持っている人は多いと思います。その評価が定着する背景には、PA現場においてアコースティック・ギターがアンサンブルの中の「ひとつのパート」として用いられる事が圧倒的に多かったはずです。
また、58の方はボーカルマイクとして優れているのも周知の通りです。

そして私のようなギターだけの音楽の場合を考えてみると、ギターは「ひとつのパート」ではなく完全にメイン楽器ですから、メインを録るマイクの方が適しているというのは考えてみれば当然だったのかと思います。ここでテストした音像もそれを裏付けてくれました。

 

今後、ソロ演奏をする現場でコンデンサー・マイクが使用できず57か58しか選択肢が無い場合、58の方を積極的に選択したいと思います。それを裏付けられただけでも非常に有意義なテストでした。

 

 

これを読んだ皆さんも、私の選択を鵜呑みにはせず、ぜひ色々と試してみてください。
私とは別の印象も当然あると思いますし、なによりプレイヤーとギターによって全く変わってきます。

 

いやー楽しかった!

author:伊藤賢一, category:機材, 20:56
comments(0), trackbacks(0), - -
RIVERA Pubster25

RIVERAのアンプ【Pubster25】がうちに来てから、とても楽しいです。

12年使ってるストラトがちゃんと枯れてきてるのがわかる。
レスポールは新品ですが、どちらも相性はすごく良いですね。
クリーンも歪みもどちらも明るく、厚みがある。発音の良さと粘りが同居した、まさに良質なチューブサウンドだと思います。

家用だけでなく小さなハコやカフェにも出動できるであろうこいつは、自分にとってこれ以上ない選択だったかもしれません。
めちゃ気に入っています。
 
author:伊藤賢一, category:機材, 19:44
comments(0), trackbacks(0), - -
小道具が気になる
最近オーバードライブが気になります。
何でしょうね。季節ですかね。


xoticのAC Plusとか

それにしても、このAC Plusの紹介動画。同時通訳が素敵過ぎる。
author:伊藤賢一, category:機材, 07:21
comments(0), trackbacks(0), - -
M-Factory
最近ラインでのライブが続きましたが、やはりM-Factoryのピックアップは素晴らしいです。
私はコンタクトマイク単体で使用してますが、右手タッチに追従してくれる感じが素晴らしいです。

「『M-Factory』は強烈な個性があり、誰もが同じ音になる」
という話をよく耳にしますが、私はむしろ真逆に感じます。

M-Factory製のコンタクトマイクに強烈な音の個性があるのではなく、このマイク(三好英明氏による貼付け工程含む)は、何よりも楽器の特性そのものをとてもよく再現してくれます。

サウンドがよく似てしまう云々の話は、その他のセッティングによるところだと感じます。


「同じ音になる」のを避けたい人は、ひとまずコンタクトマイクのみの状態にすれば自分の「楽器の個性」がよく出ると思います。その上で好きなエフェクトなりマグネットPUなりを選べば良いでしょう。

つまり、先に挙げた先入観が理由でこのコンタクトマイク(三好英明氏による貼付け工程含む)を避ける人がいるとしたら、それはすごくもったいない!

・・・という事を私は強く言いたいです。
author:伊藤賢一, category:機材, 21:58
comments(0), trackbacks(0), - -
タイムドメインのスピーカー
今年からPC経由で音楽を聴くのはやめて、ちゃんとプレイヤーで聴こうと思います。
そこで、ミニコンポのスピーカーをタイムドメインlightに替えました。


うーむこれだけで相当良くなった。

このスピーカー、2万を切るとは思えないクオリティですね。
私の6畳間には充分すぎます。

楽器の音の「間」が表現できるのが驚き。
生ギターのタッチのニュアンスや、ディストーション時のピッキングニュアンスも、生々しいんですよね。「クリア」というのとはちょっと違って、各パートのやりたい事が立体的に浮き立つ感じが良いですね。

とにかく聴いてて楽しいスピーカーです。
おすすめします。
author:伊藤賢一, category:機材, 19:09
comments(0), trackbacks(0), - -
アコースティックギター・アンプ
AAD by Phil Jonesのアコースティックギター・アンプ、CUB兇鮖鄙佞靴泙靴拭
Ken Oya Model-J〜M-factory〜t.c Nova Revといういつものラインセッティングです。

これは凄く良い音です。良い、というか素直。
ビビリました。


EQの効きが本当に絶妙です。
特にMIDはエレアコに求められるシチュエーションをカバーしていると感じます。
私のようなソロ演奏ならば適度にカットすると、立体感が増して来ます。
バンド内でアルペジオを埋もれさせないようにするには正午かブースト気味、サウンドのベースとなるストロークならカット。というようにこのツマミがキャラクターを決定するカギのような気がしました。

2ch入力で片側はマイク入力も可能。
入力レベル切り替えスイッチ搭載。
100Wのパワーに加え6.9kgという軽さ。
カフェなどの小さなハコではこれ一台で全く問題ないでしょう。
DI.OUTから卓に繋いでモニターとしての使用もかなり気持ち良さそう。

(スタンド装着時)

評判の良いAERより個人的には断然好き。
こういうの弾くと、リバーブにもこだわりたくなってきますね。
値段も安いし、いってしまいますか。
author:伊藤賢一, category:機材, 16:23
comments(0), trackbacks(0), - -