RSS | ATOM | SEARCH
2017年を振り返る

今年はどんな年だったか・・振り返っているうちに、いつの間にか音楽人生そのものを振り返ってしまいます。

私の場合ギターさえあれば音楽ができるわけで、そのフットワークの軽さは今年は出せたと思います。そして、今後も継続していきたいと思います。
お客様の前で自分の素の音を出す喜び、これはエレクトリック楽器の奏者には想像できない喜びかもしれません。
しかも自分の曲を演奏できる。
しかもギターという、音源に直接指が触れる楽器で。
これ以上素を出せと言われても、血の一滴も出ないでしょう。
では”素”とは何か。と問われると、そのようなひとことで確定したようなものは存在しない幻想だとも思うわけです。
伊藤賢一はギターを志した当初から一直線に理想に向かっている、と思われているフシがありますが、決してそうではありません。
私の内情は”理想”などとは程遠い。
”あきらめ”。その次に”素直さ”。そして”はったり”。
”あきらめ”というのは一番わかりやすいのですが、自分より凄い人間(音楽家、演奏家)と直面する時にそれは起こると思います。
直面するまではおぼろげなものであったのに、実際に目の当たりにすると次に自分はどうすれば良いのかという問題にぶち当たる。
更に、活動を進めれば進めるほど自分よりも凄い人ばかりと出会う。いや、これはもしかすると自分が最も足りていないのでは・・と、ようやく気づく。本当の活動はその地点から始まるのかもしれません。少なくとも、自分はそうだったと思います。
すごい方々と出会う度に自分を見つめ直し、あきらめるところはあきらめながら進んでいく。進むためには自分の見栄や虚栄心にいつまでもこだわっていては、その人から刺激も受けられない。
次の”素直さ”と”はったり”は自分にとってはセットです。
自分の事を素直だと言うのは全く愚かなことだと思いますが、要するに”素直”に行動するためには、”はったり”が必要なのです。
とにかく演奏しに行ってみること。企画してみること。やってみて恥をかき、反省し、しかも満足すること。そのひとつひとつが積み重なって次に繋がっていく。そこに、”足りてるかどうか”は関係ありません。はったりでも何でも、今できることを精一杯やらない限り次は無いのです。
そのように自分の体を向けているうちに、活動がどんどん素直な方向になっていく。
体を向けるべき時に、心などに素直に従ってしまうと、焦りや劣等感で動けなくなると思います。
はったりでも何でも体を向けていくと、心もまた不思議と鍛えられる。
そんな感じで17年演奏活動してきました。
毎年すこしずつ広がっていってる実感。その感触は自分だけの宝です。
来年もまた、磨いていけたらと思っています。
author:伊藤賢一, category:生活, 13:33
comments(0), trackbacks(0), - -
秋到来
忙しい夏が終わり、静かに秋が始まった。

秋はツアーの季節。今年はソロで上越、北海道、そして西日本ロングツアーが11月〜12月にかけて。
さらに小川倫生さんとのデュオLAST TRAPでも久しぶりに岐阜、一宮、大阪をまわる。



日本の秋は美しい。
大移動以外はなるべく下道を使うつもりでいる。
author:伊藤賢一, category:生活, 08:25
comments(0), trackbacks(0), - -
腰痛
2年ぶりに腰痛がどかんときた。

先月末から自覚していたけど、いよいよ本格化した。

この日も自転車で街にも出かけたが、だんだん悪化していき帰ってきた頃には立ち上がるのが難儀に。

今朝は歩くのが難儀に。
2年ぶりの寝たきり状態です。


寝てると楽だけども、起きてしばらく生活するとまた元どおり。これは木曜からのツアーもピンチです。もちろんキャンセルはしませんが。


とにかく安静にします。
2年前は寝てても首を動かせなかったほどだったので、それよりは状態良いはず。
author:伊藤賢一, category:生活, 15:01
comments(0), trackbacks(0), - -
ジャケット写真
3/10はジャケット写真の撮影でした。

場所は、表参道アトリエ。
素敵なヘアサロンです。

先月tri tonicaで出演させていただいた時に、なぜか目に付いた鏡。
この鏡を中心に撮ってみたいと、その場でフォトセッションのお願いをしたのでした。


とても良いセッションでした。
イメージしていた通りのニュアンスが形になるのは本当に嬉しいです。
ジャケット全体のデザイン含め、これからいよいよ終盤の作業です。
author:伊藤賢一, category:生活, 23:35
comments(0), trackbacks(0), - -
格安SIM
15年に渡りauユーザーでしたが、今回格安SIMに乗り換えました。

どこに乗り換えるのかかなり悩み検討しましたが、最終的にauからの互換性を考え、UQモバイルを選択しました。

SIMフリーにしてdocomo回線に乗り換える事ももちろん考えましたが、それだと使用感の違いが「回線が変わった」事から生じるのか「キャリアから格安SIMに乗り換えた」事で生じるのか判断が難しいのではと想像しました。
同じau回線の格安SIMに乗り換える事で「今までとあまり速度変わらないのに安くなった」と純粋に実感したかったのです。


格安SIMを選択するということは、スマートフォンの使い方を見直すことに繋がります。
UQモバイルだけでなく格安SIMのサービスでは「高速回線モード」と「節約モード」と切り替える事ができるのが最も大きなポイントだと思います。

テキストの記事を読むだけならば、ほぼ「節約モード」で事足ります。SNSでやり取りする時も「節約モード」で不足ありません。
「節約モード」にしている以上は、パケットが減ることはほぼ無いので(節約モード中にパケットが減ったのを見た事がない)、通常は「節約モード」にしておくのが良いでしょう。もちろんWi-Fi環境ではWi-Fiに繋ぎます。

Wi-Fi環境の無いところでどうしても何か見なければいけない時は「高速モード」に切り替えます。UQモバイルはこの高速モードが実に速いです。
勿論例外はあるでしょうが、地下鉄だろうと郊外だろうと、動作はキャリアのモバイルデータ通信と全く変わりません。

とはいえ、電話は純粋に使った分だけ料金加算されますし(30秒20円)、パケット上限は3G(次月へ繰り越しあり)。
うまく運用していざという時のためにパケットを貯めておこうと思います。


とにかく、使わない分は節約できて使った分だけかかる。という状態は思いのほか気分が良いものです。

キャリアのような「使い放題感」が必要な人には全くおすすめしませんが、やりくりする事で毎月の料金が1/3になるのですから、私にとっては良い選択だったと思います。
author:伊藤賢一, category:生活, 09:32
comments(0), trackbacks(0), - -
『ザ・ビートルズ史』
マーク・ルイソン著『ザ・ビートルズ史』がめちゃめちゃ面白い。

このボリュームで全6巻となる予定だそう。
まだ300ページくらいですが、定説を覆す内容が多くてかなり刺激的です。
カバーも買ったし、どこにでも持っていきます。


author:伊藤賢一, category:生活, 22:03
comments(0), trackbacks(0), - -
正月感無し
年末年始は特に何も変わらず普段通りの生活です。
筑前煮とか納豆ごはんとかを食べ、ギターもガンガン弾いてます。

ここ7年の右手の不調が治りつつあってとても嬉しいです。練習が積み重なる感覚が久しぶりで…

故障中はやってもやっても何も変わらないのできつかったなあ。
やはり精神的なものでなく身体の故障だったのだと再確認してます。感覚を磨くだけでは解決しきれなかったですね。
今年中に完治させるよう、治療と鍛錬に励みたいと思います。
author:伊藤賢一, category:生活, 23:52
comments(0), trackbacks(0), - -
ツアーに出発
今回の車内ラインナップ。
author:伊藤賢一, category:生活, 10:11
comments(0), trackbacks(0), - -
部屋改造
自室をオーディオルーム兼用に改造中。
6畳のフローリング。いかに空間をうまく使うかが難しいです。


ここがオーディオスペースとなる予定。
ますむらひろし氏の原画を壁に飾っています。


また、無計画に置かれていた家具を、広く見せられるようにギリギリに設置しなおしました。

まだまだ散らかってますが、PCデスク横にスペースをとるだけで、何となく部屋が広くなったような錯覚が生まれました。
今までメインで使っていたタイムドメインLightは、PCのスピーカーに転用。実はこれだけでかなり嬉しい。

レッスンルーム兼オーディオルームとして、より過ごしやすい部屋にしていきたいです。
author:伊藤賢一, category:生活, 22:41
comments(0), trackbacks(0), - -
レ・ミゼラブル
ロングラン・ミュージカル『レ・ミゼラブル』を見に行きました。


正直言ってミュージカルはあまり好きではありませんが、この作品は噂に違わず素晴らしかったです。良い曲がたくさん出てきて、堪能しました。

そして、生の役者の迫力は凄いと思いました。
たった今、そこで演ってるという事実。客席にいるものにとって、これ以上の説得力はないのですね。

それはギターのライブでも同じ事。
また頑張ります。
author:伊藤賢一, category:生活, 22:12
comments(0), trackbacks(0), - -