RSS | ATOM | SEARCH
『独演 ソロ・ギター講義録』Amazonで現在1位

 

2/13発売となる、リットーミュージック刊『独演 ソロ・ギター講義録』が現在Amazonで予約1位だそうです。

こちら→『独演 ソロ・ギター講義録』

 

私も『クラシック・スタイルに学ぶ アコギの弾き方/鳴らし方』を担当しております。

興味のある方は、ぜひご注文くださいませ。

 

ご注文はこちらより→『独演 ソロ・ギター講義録』

author:伊藤賢一, category:レッスン, 22:35
comments(0), trackbacks(0), - -
発表会
11月19日、伊藤賢一ギター教室の記念すべき第一回発表会が行われました!
主催者のたたりか、大雨の降る中ではありましたが・・・・

会場は高円寺のスタジオKに。
ここは私も自分のライブで何度も出演していた貸しスタジオです。

音響機材もかなりこだわっていて、ダイナミックマイク集音でもふくよかな音が出せるのがポイントです。
今日はなんとスタジオの方が、ご好意でPA及び照明を担当してくださいました。
初の試みがスムーズに回ったのも、スタジオの方のおかげです。本当に助かりました!


照明のあるステージに立つ事は、とても良い経験になります。

客席と別世界で自分の空気をいかに作り出せるか。それはプロでも難しい事です。
でも皆さんはよく頑張りました!
それぞれの課題に取り組む姿勢は、一人一人の世界を醸し出していたと思います。

私も開会前は少し緊張しましたが、皆さんの演奏が始まると感激して緊張も忘れてしまいました。
私も教える立場とはいっても、教えられる事ばかりですね。
今日は良い一日になりました。

皆さん、本当にお疲れさまでした!
author:伊藤賢一, category:レッスン, 22:49
comments(2), trackbacks(0), - -
フライヤー
ギター教室のフライヤーを作りました!

オモテ

ウラ

お手軽な葉書サイズです。
馴染みのお店や楽器屋さんに置いてもらおうと思っています。
author:伊藤賢一, category:レッスン, 13:20
comments(0), trackbacks(0), - -
発表会効果
11月19日にギター教室の発表会を行うと告知してからというもの、生徒の集中力が高まっている感じです。

やっぱり目標となる舞台って大事ですね。

うちの教室は本当にいい人ばかりで、一度生徒同士を紹介したいと思っていたのですが、ようやく念願叶います。

出演者は15名の予定。
和やかな発表会になると思います!
author:伊藤賢一, category:レッスン, 22:41
comments(0), trackbacks(0), - -
by Ken Oya
大屋建さんに、ギター教室の看板を作っていただきました!
あまりに素晴らしい作品で、言葉を失いました。
大屋ギターFのシェイプ。バインディングも施されているとは・・・

本物と全く同じチップ・カーヴド・ロゼッタ。フレットまで打ってあります。


こんな素晴らしい看板を見つけたら、私ならフラフラ〜っと教室に入ってしまうでしょう。

末代までの家宝にさせていただきます。
author:伊藤賢一, category:レッスン, 20:09
comments(3), trackbacks(0), - -
発表会
11月19日(土)に、私のギター教室の発表会を行う事になりました。

「教室」といっても自宅でのマンツーマンレッスンなので、生徒同士はお互いの顔を知りません。
日頃の成果を発表すると共に、ギター好き同士の交流を深める良い機会となるでしょう。

11月19日(土)
13時〜
高円寺 スタジオK(1Fのスタジオ3)
author:伊藤賢一, category:レッスン, 16:10
comments(0), trackbacks(0), - -
逆回転
アルペジオでpimamiの6連符とpamimaの6連符を交互に繰り返す。

これは効く。

これをやるとmの距離が安定し、手首の位置が決まるようです。
author:伊藤賢一, category:レッスン, 15:58
comments(0), trackbacks(0), - -
自然体
その1
「自然体」という言葉。
レッスンなどにおいて割と頻度が高く登場する言葉に思います。

しかし本人の自然体は本人にしか分からない。

普段から肩に力が入ってる人にとってはそれが自然体ですし、体型によっても違ってくるのです。
力を抜かせたい場合は、より感情的要素を除いた「脱力」という言葉の方が伝えやすい気がします。



その2
音楽の場面においては、精神論や感情論でくくられる場面が多く、私もそれで困った事がありました。
特に困ったのが「もっと明るく」「固い」といった指摘です。
もちろんその後に解決の為の技術的指導があれば問題ないのですが、それだけ言われっぱなしだとどうしたら良いのか分からないまま悩む事になります。

「足台を一段下げてみたら?」

それだけで演奏が柔らかくなる場合もある。
物理をバカにしてはいけません。

そして、そういった物理的な不備は、演奏者を遠くから見た方が分かりやすいと思います。
author:伊藤賢一, category:レッスン, 08:32
comments(0), trackbacks(0), - -
チラシ
ギター教室用チラシを作成。
現在あと10人ほど生徒募集中なのです。

近所に配り歩きます。
もちろん近所の方以外も募集中です!
author:伊藤賢一, category:レッスン, 11:44
comments(0), trackbacks(0), - -
レッスン
私の教室のレッスン時間は一回40分〜60分。
トレーニングに交え、毎回いろんな話に花が咲きます。
やはり音楽好き同士の話は楽しいものですね。

現在生徒は15人ほど。
楽器好きの人、60年代のアメリカンフォークが好きな人、どんどんレパートリーを増やす人もいれば、50代からギターを始めて単音弾きをコツコツ頑張る人もいます。

みんなの音楽に私も関わっているのだなあと毎回実感します。
ありがたい事です。


author:伊藤賢一, category:レッスン, 19:07
comments(0), trackbacks(0), - -