RSS | ATOM | SEARCH
ソロアルバムのレコーディング


しばらくぶりでソロアルバムのレコーディング。
長野県伊那市のRED IGUANA STUDIOに来ております。


今日のセッションでは、9月に完成した新曲を2曲録りました。

タイトルの決まっていない曲(『ここにいるよ』という仮タイトルでライブでは御披露目済み)は、10テイクほどで良いものが録れて即採用。
これは幸先良しと思いきや、もう一曲「ハックルベリーの舟出」は難産でした。


爽やかな感覚をキープしながら、歌い込んでゆくのが大変でした。
気持ちは張っていても、演奏を重ねていくにつれ身体はどんどん重くなっているようです。
ギターの音もかなり変化していきました。いつものように鳴りがこなれてくるというより、今回は真ん中より下の成分がなんと「どんより」してきました!
こちらの疲労とまさに呼応しているようで、これには参りました笑


しかし夕飯を食べ仕切り直すと、また良いものが出始め、ほどなく終了。ギターは生き物ですね。


ギターが生き物なら、機材の選択や設定もそれだけ重要になってきます。


マイクは今作からDPAの4006Aという無指向性マイクをステレオで使用しています。
前作はノイマンU87aiの無指向モードのステレオでした。87は言わずと知れたマイクの王様。良く伸びる高域と懐の広い中低域、本当に素晴らしい音で録れます。

しかし、DPAに替えてから自分の中で何かが変わりました。

DPAは「音」や「色」というよりも「佇まい」が録れるのです。うまく言えませんが、こちらの「ありよう」が録れると感じています。それによって録音への対し方も変わってきたように思います。


プリアンプは前作に続きオーロラオーディオのGTQ2です。
GTQはチューブアンプの名機に比べて非常にあっさりな味わいに感じますが、実に内容のある世界を持ってます。
私の感覚では、音と音の間や余韻の味わいが、まさにイメージ通りになる。出音の音色というよりも音の地続き感を優先したようなアンプだと思います。



DPAのマイクとオーロラGTQアンプは、個人的にはベストな組み合わせです。


明日もセッションの続きです。
6枚目となるソロアルバム制作も、いよいよ佳境に入って参りました。
author:伊藤賢一, category:音楽, 23:24
comments(0), trackbacks(0), - -
ビデオカメラ購入!

ついにビデオカメラ購入。

実はここ最近、『音質重視のお手頃なビデオカメラ』を夜な夜な検討していました。zoomのQ4,Q8,H2n、ソニーのHDR-MV1など・・・

しかし、そういったモデルはどうしても近くで音を拾えるようにカメラの焦点距離を近めにしているので、中心から少しはずれたものはかなりゆがんで映ります。ソロ・ギターを撮る際に構えたギターでさえもゆがんでしまいます。自分の姿はどうでも良いですがギターの形がゆがむのはよろしくありません。

いろいろと検討した結果、SonyのHDR-CX675を導入しました。

貯め込んだビックカメラのポイントと、タイムセールに便乗してかなりお買い得でした。

当たり前ですがiPhoneより画像がいい!さすがそこは専用機です。
そして音も悪くない!iPhoneだと録りきれなかった高音が、はるかに録れています。
音の立体感をしっかり再現できる妥協ポイントを探して、一応納得できるポイントを掴みました。

それがこちら
大屋ギターの場合は、マイクからギターの表面板の距離は90cmです。マイクモードは、ステレオモード。
もう一本のメイン、ハウザーでは同じく97cmに落ち着きました。

この機種で素晴らしいのは、wi-fi飛ばしてスマートフォンで遠隔操作ができることです。

手元に置いて録画のON/OFF、ズームの加減を操作できます。

別売りの有線(80cm)リモコンよりも段違いに自由度が高いと思います。


この動画は最初も最後もトリミングしてません。iPhoneでの録画では「録画ボタンを押すために腕を伸ばした姿」が最初に映るのが面倒でしたが、当然ながらそれも無くかなりスマートになりました。

最後のスイッチを押す姿は今後切っても良いと思います。

皆さんがやっておられるレコーダーと同録して映像と合わせるという仕事はなるべくしたくなく・・
基本的に今後はこのカメラだけでダイレクトに撮っていこうと思います。

author:伊藤賢一, category:機材, 22:40
comments(0), trackbacks(0), - -
tri tonica レコ発です!

今日からいよいよトライトニカのアルバム「alba」のレコ発ツアーです!

皆様のご来場お待ちしております。
9月22日(祝木)
【tri tonica トライトニカ】
Album『alba』発売記念ライブ!
出演:田野崎文、三好紅、伊藤賢一
渋谷 l'atelier by APC ラトリエbyエーピーシー [ch0]
【場所】東京都渋谷区東1−26−30 渋谷イーストビル1F
【チケット】¥3000
【開場】18:30
【開演】19:00

9月23日(金)
【tri tonica トライトニカ】
Album『alba』発売記念ライブ!
出演:田野崎文、三好紅、伊藤賢一
【場所】お問い合わせは gm87safflower@gmail.com まで
【チャージ】¥2000(お茶とお菓子付き)
【開場】12 :30
【開演】13:00

9月24日(土)
【tri tonica トライトニカ】
Album『alba』発売記念ライブ!
出演:田野崎文、三好紅、伊藤賢一
O.A きぃん(Vo.市川きぃ G.中神高宏)
一宮 Denpo-G Studio
【場所】愛知県一宮市丹陽町伝法寺字西野田
【チャージ】¥2700
【開場】16:30
【開演】17:00
 
author:伊藤賢一, category:ライブ/コンサート, 14:00
comments(0), trackbacks(0), - -
ツアーに出発
今回の車内ラインナップ。
author:伊藤賢一, category:生活, 10:11
comments(0), trackbacks(0), - -
お問い合わせフォーム

ホームページのトップに、「お問い合わせフォーム」を設置しました。

ライブのご予約、CDご購入希望、レッスンのお問い合わせなど、お気軽にどうぞ。
 
http://kenichi-ito.com/
author:伊藤賢一, category:-, 19:59
comments(0), trackbacks(0), - -
新曲
24日にデモレコーディングした新曲がとても良い感じです。

贅沢な話ですが、一度スタジオのテンションでデモを録ると曲構成が一気にみえてくる事があります。

もちろん普段は自宅でデモ(もしくはスケッチ)を録ります。それはそれで良い面もありますが、自由すぎてかえって自由になれない時もあります。


今回でもやもやしてた構成がビシッと決まったので、この曲は次回で完成できるでしょう。

あと一曲書き上げたい!
author:伊藤賢一, category:音楽, 11:08
comments(0), trackbacks(0), - -
ジャン=マリー・レーモンさんと



昨夜はフランスよりジャン=マリー・レーモン氏をお招きしての「真夏の夜のギタリストの響演」が長野県伊那市で開催され、私も参加しました。 地元伊那市の伊藤正己さん、大分の竹内竜次さん、関東方面からは椎野みち子さんと私。 椎野さんの丁寧な歌心、伊藤さんの太く年季の入った音色、竹内さんの強靭なテクニックから繰り出される鮮やかな音楽、そしてジャン=マリーさんの自作曲を中心のステージ。柔らかな佇まいと、実に味わい深い音色に魅了されました。ジャン=マリーの曲はどれも愛すべき小品といった趣きですが、今回のステージから感じたのは、全ての人にウェルカムなとても器の大きな音楽だという事でした。 とても楽しいコンサートでした。 主催していただいたギター製作家の中野潤さん、私にも声をかけていただき本当にありがとうございました! 本編では弾きませんでしたが、打ち上げに愛器の大屋ギターを持ち込み、ジャン=マリーさんに弾いてもらう事ができました。私は外国語がわかりませんが、その音色に非常に驚き、喜んでおられるようでした。(写真は製作者である大屋建さんと) このギターでジャン=マリーさんが「ジョージア・オン・マイ・マインド」をおもむろに弾き始め、私もたまらずハウザーを持ち出してセッションが始まり、その後延々と2人で弾きまくってしまいました! 言葉はわからなくてもプレイで会話できる。実に贅沢な時間をいただきました。 ジャン=マリーさんは、本当に音楽を愛しておられるのだなあと感じました。 コンサートをするのも、作曲するのも、全てそこから派生した自然の流れなのかもしれません。 心に沁み渡るようなジャン=マリーさんの音楽、もっとたくさんの方に体感してほしいと強く感じています。 本当に楽しい夜でした! またの再会を、必ず実現させたいです。
author:伊藤賢一, category:ライブ/コンサート, 09:37
comments(0), trackbacks(0), - -
ブロンズ弦を


D-18にブロンズ弦を張ってみました。
良いですね。ドカンとして。


端正で緊密なフォスファーブロンズ弦の魅力は言わずもがなですが、こうしてたまにブロンズ弦を張ると、自分のタッチが鮮明にわかります。


ギタリストにとって、最後まで悩むのがpのタッチです。
最近トレーニングのしかたを変えてpの感覚を育てているところなので、気まぐれとはいえ今回のブロンズ弦は、確認事項を試す丁度良い機会でした。
author:伊藤賢一, category:ギター, 23:38
comments(0), trackbacks(0), - -
ハウザー 休みあけ

ここ一週間ほど、弦を外して休んでもらいました。

そろそろ起きる時間です!

 

しかしこのギターの芯の太さは素晴らしいです。

また私を鍛えてくれることでしょう!

author:伊藤賢一, category:ギター, 19:16
comments(0), trackbacks(0), - -
近江楽堂リサイタルより「おかえり」

近江楽堂でのリサイタルより、アンコール曲「おかえり」です。

下記リンクより、どうぞ御覧ください。
author:伊藤賢一, category:ライブ/コンサート, 11:21
comments(0), trackbacks(0), - -